南海マネジメントサービス

業務紹介

駅務システム

駅務システムアイコン

鉄道旅客営業の中枢システムの
運用・管理

駅務システムは、南海電気鉄道の各種乗車券類の発売を中心とした鉄道旅客営業の中枢システムであり、
特急の座席管理やICカードをご利用いただく為の管理、鉄道旅客営業における売上の管理など、
様々なシステムにより構成されています。
2020年2月より、6代目のシステムを順次稼動しています。

駅務システムの運用フロー図

サービス一覧

特急座席指定システム

特急券・座席指定券の座席情報について一元管理を行っているシステムです。南海電鉄各駅に設置された特急券発売機器やスマートフォンなどからの座席要求を受け付け、特急券の発行を行います。更に、大手旅行代理店のシステムと接続し、旅行代理店でも特急券を発売いたします。

南海・特急チケットレスサービスシステム

お客様のパソコンおよびスマートフォンなどからインターネットを利用して、特急券・座席指定券を購入していただくシステムです。南海・特急チケットレスサービスへの会員管理や特急券・座席指定券のチケットレスサービスを行うことが出来ます。

携帯端末システム

携帯端末(タブレット)を使用して特急車内で座席の発売状況を表示するシステムです。このシステムにより、特急車内での検札業務の省略化を実現しています。

代理店Webシステム

旅行代理店で、特急券・座席指定券の購入や企画きっぷの購入ができるシステムです。

列車運行状況システム

鉄道事故などにより列車の遅れ・運休などが発生した場合に列車運行担当が入力した情報を南海オフィシャルホームページや、駅の改札口案内表示機に配信するシステムです。

クレジット元売システム

駅務機器で発売される定期券や特急券・座席指定券購入でクレジット決済を行った決済情報を管理するシステムです。

IC定期券発券管理システム

PiTaPaカードやICOCAカードに定期券の機能を付加するために必要となる情報を管理するシステムです。保存されている情報により、IC定期券の発行チェックや紛失・盗難時の磁気定期券での再発行が可能となります。

IC社局システム

スルッとKANSAIのPiTaPaセンターとデータのやりとりを行うために中継を行うシステムです。各駅で使用されたICカードの情報をPiTaPaセンターへ配信したり、各種マスタやICカードの利用停止情報などをPiTaPaセンターより受信し、各駅の駅務機器へ配信します。